一戸建てのために体を悪くしたら本末転倒

PR|あきる野市で注文住宅を新築

家を買うと決心したタイミングはやっぱり「頭金が貯まったから」です。夫婦ともにありがたいことに職業的に安定しているものですから、良い意味でも悪い意味でも今後の貯金額の計算ができるんです。だいたい毎年の給料のモデルケースが出来上がっていますからね。復興税だなんだかんだと、税金の金額が変わらない限り、まあだいたい「こんなもん」という金額が出せるんんです。

 

そしてだからこそ、「貯金額を増やせるかどうかは節約次第」なところがありましたからね。ですからかなり頑張りましたよ。それはもう、ちょっとした買い物がストレスに感じるぐらいに。とくにお金のことって、希望的観測で計画を立ててしまいがちじゃないですか。

 

ですから「頭金を貯める」という目標対してもわりときつめに計画を立ててしまっていたんです。しかしそれが夫婦の危機を呼ぶぐらいになった時もありましたので、衝突以来ゆるめにすることにしました。まあ節約節約のギチギチ生活は、かなり大きなストレスとなりますからね。お互いに。

 

それに、頭金を貯める計画自体はそれほどきついものではなかったのですが、しかし「できれば目標よりも早めに貯めたい!」という思いがだんだんと強くなってきてしまって、それでエスカレートしていた部分もありますので。行動がというか気持ち的に。

 

ですから、「具合が悪くても病院に行かない」といったように。「歯が気になっても歯科医院に行かない」ということも実際にしていましたし。だって、大人の医療費は結構金額が大きいですからね。目標を決めた節約生活ですから、100円だって惜しいわけです。それに実際、大人の医療費となりますと数千円が薬代合わせてとびますからね。ですからそこも節約したかったのです。

 

しかしそれが良いわけはなく、夫に窘められてそして衝突もしてまた元に戻りました。節約の本来の目的を忘れてはいけないと。「家族が快適に楽しく暮らすためのマイホームなんだから、家族がギスギスしてまで建てる必要はないし、ましてや病院を我慢してまで建てる必要はないと。それじゃあ本末転倒だ」と。まあまさに「その通り」ですね。

 

しかし「節約地獄で衝突、そして考えを改める」という一件があって、家族としての絆は深まったように思います。それにあの当時の節約への頑張りは今でも生きていますしね。頑張ったこと自体も良かったことだと思っています。

PR|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|心の童話|住宅リフォーム総合情報|初値予想|お小遣いNET|JALカード|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|童話|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|